UM Design Association

東京デザイナー学院

再進学者のデザインスタジオ  UM Design Association

member_img_2015_10_b

UM Design Association
再進学者のデザインスタジオ   ユーム デザイン アソシエーション

101-0065 東京都千代田区西神田 2-5-6
学校法人/専門学校 東京デザイナー学院 グラフィックデザイン科
再進学者のデザインスタジオ  UM Design Association

・ UM ユーム Twitter 公式ツイッター

デザイン提供内容
  • グラフィックデザイン全般 
メディア掲載
デザイナーになる。 伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本
MdN エムディエヌコーポレーション 2015

月刊アドセレクト Vol.86 CI・ロゴマーク特集リブラ出版 2016
月刊アドセレクト Vol.72 イベント・キャンペーン特集リブラ出版 2014
月刊アドセレクト Vol.62 CI・ロゴマーク特集リブラ出版 2014
メンバー 2017年度
  • 会沢はづき 
  • 相原咲月 
  • 有吉由宇 
  • 飯山未貴 
  • 内田彩花 
  • 梶原瑞起 
  • 後藤裕子 
  • 西形清香 
  • 細野めい 
  • 李雨珊 
担当講師
  • ・ 永井弘人  グラフィックデザイン事例紹介 Webサイト アトオシ
    ディレクター / グラフィックデザイナー・日本タイポグラフィ協会 正会員
    東京都生まれ。明治大学・東京デザイナー学院卒業後、デザイン会社2社を経て、2011年にアトオシ設立。「ロゴマークを軸とした展開。」というコンセプトにて、飲食店・物販店・中小企業等、VI・CI・ブランディングを中心としたグラフィックデザインを制作・展開し続けている。また、「日常とデザインを拡げる。」 をモットーに、デザイナーではない人に、デザインの新たな楽しみ方を提案中。日本タイポグラフィ年鑑ベストワーク賞受賞・東京TDC賞入選・日本パッケージデザイン大賞入選、他複数受賞。著書「デザイナーになる。」(MdN)執筆・出版。

UM Design Association とは

about_img_2015_10_c

「UM Design Association」は、再進学者のデザインスタジオです。デザイン専門学校 東京デザイナー学院 グラフィックデザイン科に所属しています。

実践を軸とした、依頼内容・自主企画、リアルな人とのコミュニケーションを通して、デザイナーが総合的に必要な力(そのまま現場に出れるレベル)を身につける場として機能します。

UM Design Association 特徴・活動内容

大学生・既卒業生・就職を経ての入学。再進学者がメンバーとなる「UM Design Association」は、今まで培った経験、つながりを生かすことで、デザイン力を身につけます。

所属メンバーに携わる方々(家族・友人・知人)を中心とした、グラフィックデザイン提供を行っています。

これからデザインを取り入れてみよう、と思う方々が、具体的に踏み出せる場となるよう、日々、真摯に取り組んでいます。

UM Design Association コンセプト

about_img04_2015_10_a

「UM Design Association」は、「共にうみ出し、可能性を拡げる場」をコンセプトとし、それらは下記を意味します。

  • 共に
    メンバー同士、学校内外との関係を循環させる。
  • うみ出す
    様々なものを取り込み、新しいものを発信する。
  • 可能性
    場で起こる経験を、共有しながら生かす。
  • 拡げる
    ものづくりへの情熱を、具体的に表現する。

“UM” は “ユーム” とよみ、コンセプトにもある「生む(うむ)」の他、「う〜む(悩む)」「うむうむ(納得する)」といった、学生ゆえの、常に前向きに考える姿勢も表しています。

UM Design Association ロゴマーク・カラー

シンボルマークである「・」(点)は、可能性の拡がりを意図し、向こう側の景色を見通せる、穴にて表現しています。

ロゴタイプは、黄金比を用い、ロジカルかつシンプルに表現。洗練された印象を持たせるとともに、丸や曲線を取り入れることで親しみを与えました。

UM Design Association プロジェクトの流れ

01. 受注・ヒアリング
クライアントの方と、デザインを取り入れる目的・目標を共有します。
02.リサーチ
特徴・競合・立地・ターゲットなどを調査します。
03. コンセプト立案
デザインの軸となる、方向性を定め、コンセプトを立案します。
04. アイデア・ラフ
コンセプトをもとに、媒体を生かす、デザイン案を考えます。
05. 実施制作
デザイン案を具体的な形にしていきます。
06. プレゼンテーション
クライアントの方に提案内容を確認いただきます。
07. 調整・ブラッシュアップ
調整希望の反映、デザイン細部のブラッシュアップを行います。
08. デザイン確定・納品
調整・ブラッシュアップを経て、確定したデザインを納品します。