UM Design Association

東京デザイナー学院

一歩先へ

初投稿になります。UM1年の後藤裕子です。

本年も残り数日。あっという間です。ほんっとうに、誰かに早送りされとるんかってくらい早いです。

1年前の今頃、私はまだ仕事をしていました。地元の山口から上京して就職した会社。3年勤めて退職、再進学を決心しました。こうした話を人にすると、「山口から東京に就職したの?」「仕事辞めたの?」「学校行ってるの?」と、驚かれ、大抵、凄いね、とか言われます。そして、確かに自分でも、「東京さ来た!辞めた!再進学した!」と、その事実を噛み締めることが多かったように思います。

一つ一つの決断には、自分なりに筋を通した理由があって、先にある目的に向かって進んでいるつもりです。楽しいし、多少は成長もしているつもり、です。

そう。つもり、なんです。今年を振り返って思うのは、“ 何をやったか ” にばかり目を向け、自分の心境の変化だけを楽しんでいた、ということ。それも、悪くはないと思います。でも、それは自己完結的で、いつまでも “ つもり ” の域から出られないんじゃないかって気がしてきたのです。

大事なのは、それをやったことで、周りはどうなったか、他の人にどう影響したか、なのではないか、と。

私は、デザインの持つ大きな力を強く信じています。だから、魔法使いではないけれど、デザインを司る者として、その力によって、何が起こるのか、その「一歩先」にもっと神経を研ぎ澄ませるべきではないかと思うのです。そして、難しいことかもしれないけれど、今進んでいる道が、ちゃんと目的地に繋がっていると感じたい。道標に気付きながら進みたいと思ったのです。

だから、2017年の目標は、「もう一歩先を見ること」です。自分の出したものに対して、一歩先はどうなったかを意識する。感じるだけでは意味がないので、積極的に意見を頂くようにしたいです。先生方や友達、いろんな場所で関わっている人に、聴きたい。貪欲になりたい。そして、ちょっとずつでもいいから、デザインの力の効果を実感していければなぁと思います。

2016年、いろんな人のおかげで、本当に楽しく、充実した一年になりました。本当にありがとうございました!!常に感謝の気持ちを忘れず、2017年は、もっともっといい年にします!!よろしくお願いいたします。

 

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 書き手
    後藤 裕子
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る