UM Design Association

東京デザイナー学院

外部から、声をかけたくなる魅力。

UM担当講師の永井弘人です。本年を振り返る。自分にとって、2016年はどんな年だったか。「地を固めた」一年だったと感じる。同時進行となる、プロジェクトの進め方。プロジェクトごとの、デザイン構築・提案のアレンジ。デザイン事例の掲載や受賞。どれも、より “ちゃんとしたデザイナー” として、着々と手堅く、地を固めることができたのではなかろうか。

それでは、2017年は? 「外部から、声をかけたくなる魅力」。これに尽きる。

私のモットーは “日常とデザインを拡げる”。これは、“デザイナーではない人に、デザインの役割や面白さを、カジュアルに伝える活動”。日々、SNSなどで、日常とデザインに纏わる雑文を、コツコツと発信をしているが、2017年はこの活動が劇的にジャンプする年となる。そのために必須だと考えているのが、「ラジオ出演」「コラム連載」。より多くの人に向け、デザインに触れてもらうためには、この2つは外せないと考えた。

ここに達するためにどうするか。それこそが、「外部から、声をかけたくなる魅力」である。

ん? そもそも、「魅力」とはなんだろう。「思わず、誰かに伝えたくなる内容」かな。そこにつなげるには、発信内容(雑文・文章)の「プフッと吹き出す、面白さ」「なるほど、ためになった! という感謝」が接点としてはいいだろう。おーし、そういう文章を書いていこう。

え? なんで文章なのかって? クライアントさんの想い、デザイン意図を含めたコンセプト文など、視覚化される前は、全て言語から始まるんです。魅力的な言語は、魅力的なデザインにつながる。言語と視覚はガッチリリンクしているんだ。

ところで、2016年の話に戻りますが、フリースタイルダンジョンとの出会いも感慨深いものでした。バチバチの生のバトルは熱い。今、まさに、そこで起きている、というリアル。その瞬間、瞬間に “殺気” がないと、例え力を持っていても負けてしまう。(R指定が、そんな感じのことを言ってた)

UMメンバーも私も、“本当にやりたいことを、仕事にする” ために。外部から、声をかけたくなる魅力。これをプンプンと醸し出すために。殺気をもって、自ら楽しみ、攻める年にします!

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 場所
    御茶ノ水・水道橋・神保町(東京都千代田区)
  • 書き手
    永井弘人(担当講師)
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る