UM Design Association

東京デザイナー学院

学んだこと、思ったこと。

こんにちは。推しの魚はバイカラードフィッシュの山下裕子です。初投稿です。

今年も、もうすぐ終わりです。さようなら羊年。
2015年は個人的にがらりと環境が変わり、思ってもないことで悲しい思いや悔しい思いをして、気持ちが沈むこともありました。しかし、ずっと興味があったデザインの世界に飛び込むことができた1年でもあります。デザインのいろはもわかっていなかった今年の春と比べ、知識も増え、技術もレベルアップしてきました。デザイナーとしてのステージが一つ進むごとに、見えていなかった気付きがあったり、あの場合はこうすればよかったんだ!と答えを見つけたり、そういう瞬間が多くなってきました。

デザインで学んだことは、デザイン以外にも還元できることが多いな、と思います。数学とか科学とか、普段の生活に直結しにくい教科と違って、そのまま生活にスッと入ってきやすいです。私は友達に誕生日プレゼントをあげるのがすごく楽しくて好きなんですが、なにをあげるか選んで、包み紙を決めて、メッセージカードをかいて、渡すタイミングを見計らって…(相手にプレゼントを渡した時の嬉しそうな顔っていいですよね。)こういう行為って、やってることほぼデザインですよね。デザイナー以外でも、デザインに触れる時間はいくらでもあるんだと思います。デザインを学んでいて、難しくて頭を抱えることも多いんですが、生活の一部みたいなノリでデザインやっていけたらいいなと思います。

ところで、常に楽しそうな人っていませんか。辛いことがあっても、笑うことができるひと。決して何も考えていない訳じゃない。むしろ、そういう人はすごく考えている人です。常に楽しくあるために、先回りして、選択をたくさんしている人です。だから、魅力的。そして魅力的な人の周りには魅力的な人が集まってきます。悔しい思いをした2015年を反省し、自分の周りでもいいサイクルを起こしていきたいなと思います。2016年は最高の1年にします!

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 書き手
    山下裕子
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る