UM Design Association

東京デザイナー学院

疲れ

二度目の投稿となります、一年の梅沢です。私は2014年にとても疲れました。良いこと、悪いこと、沢山ありました。ありすぎて疲れました。

まず年明けに第一志望の国公立大学に落ちました。ご察しの通り悪いことです。去年の夏からずっと目標としてきた場所なので当時は非常に無気力だったことを覚えています。これだけの時間とお金、労力を消費しても叶わなかった。もう一年かけて入ると言う手もありましたが、それは親への負担があまりにも大きいため諦めました。

次に春先に東京デザイナー学院に入りました。正直この時点では良いことでも、悪いことでもありませんでした。とにかく進学しなくては、そんな必死だった私なりの選択です。

そして一年かけてデザインについて良く考え、一人の人間として成長しました。ご察しの通り良いことです。この学校に入ったからには一つでも多くのことを学び、社会に出た時に武器になるものを身につけたい、そんな思いで過ごしてきました。すると自然と「これはなぜこの形なのか」「制作者は何を考えこうしたのか」と数学のように答えがある訳ではないのですが、答えに近いものを見つけ出そうとするようになりました。このことは将来的に必要となってくると思うので、続けていきたいと思います。

これだけではありませんが、今年は色々なことを体験したりよい刺激を沢山受けました。そう言った意味で今年は非常に疲れました。まとまりの無い文章ですみません。結論として2015年も「疲れ」たいと思います。来年も何卒よろしくお願いします。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 書き手
    梅沢 泉
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る