UM Design Association

東京デザイナー学院

駆け抜けて

初めまして。 UM1年の柏谷望美です。

私にとって2017年はとにかく変化の年でした。つい最近まで高校生だったとは思えないほどのめまぐるしさです。大変だったという思いもありますが、それよりも、

「同じ分野で戦う仲間が増えた。」「自分の作ったものに対するリアクションがある。」

という点で今までの学校では感じたことのない充足感がありました。 寝る間も惜しんで作ったものに対して、仲間たちから嬉しいことを言われると単純に喜んでしまいます。その反面、「あの人すごいな」と悔しい思いをしたこともあります。けれどプロの大人から見ればみんなまだまだで、先が見えずに怖くなったこともあります。

 

そんな私が2018年に思うことは、 「つくるヒトも、みるヒトも豊かになるデザイン」がしたい。

です。 相手のことを喜ばせるのはもちろんのことですが、そこに自分が楽しむということも忘れたくはありません。大人になったらそういったことが難しくなると思います。自分の好きなことだけ・楽しいことだけできるほど甘くないのは承知しています。だから、せめて学生の間は、楽しく、遊びながらものづくりをしたいです。学生のうちにそういったことをして、楽しい!と心のそこから思えれば社会に出てからも糧になると私は思います。

 

それを踏まえて今年の大きなスローガンが「駆け抜ける!」です。 学生のうちにやりたいこと、そして社会に出てからやりたいこと、たくさんのやりたいことがあります。去年はそのうちいくつも達成していないのが本当に悔しいです。なので今までの徒歩スピードじゃなくて走るくらいじゃないと間に合いませんね!

ただ走るだけじゃなくてその都度いろんなものを吸収して、勉強して。 人との繋がりももちろん忘れずに。私がついつい忘れがちな部分ですがデザインに関して、いやいや、人生においてとっても大事です。たくさんのタスキをもらって走っていきたいです。そしてタスキをかけてくれた人やこれからかけようとしてくれる人、そんな人たちへの感謝の気持ちを私のできる精一杯でおかえししていきます。思ってるだけじゃなくてきちんと形に、態度に。

 

本年も慢心せずに勤めて参ります。よろしくお願いいたします!!!

 

 

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 書き手
    柏谷望美
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る