UM Design Association

東京デザイナー学院

2015年、濃く早く。

こんばんは、今年も残り1日となりました。初投稿1年柴田愛李菜(シバタエリナ)です。2015年は、とにかく濃くて1日1日が早かった1年だったな、と思います。

授業が始まり初めて知ることが多く全てを吸収しようと必死だったので、正直に言うと5月〜8月にかけてはあまり楽しんで考えることが無かったように感じます。それだけ必死に考えるよりも手を動かして覚えようとしていたのだと思います。その甲斐あってか少しづづではありますが、頭の中にあるデザインのアイディアを形にできる様になりました。(かなりの喜びです。)

デザインを学ぶ様になってから、通学の時間の過ごし方が変わりました。時間帯によって変わる、歩き慣れた道の表情の違いに気付いたり、駅までの道は看板や店名のロゴを見ることに必死になったり、電車の中では中吊り広告を端から端まで見たり、と日頃から意識するようになりました。どうしてこの形?どうしてこの隙間?と考えているうちに、いつの間にか学校に着いています。意識することももちろん大切なのですが、前を見て歩くことも大切だな、と改めて思いました。

同じデザインを学ぶ仲間を、クラス関係なく増やすことができ、自分の中にはない新鮮な考えに触れたり、先輩方や先生方からのアドバイスをもとに、自分のアイディアをブラッシュアップすることができたりなど、自分のなかにあるデザインに関する考え方自体を、成長させることができたなと思います。

来年も、濃く早く。と感じられるように、1日1日を流れる様に過ごすのではなく、デザインに貪欲に、新しいことに挑戦していこうと思います。

本年は大変、お世話になりました。来年もどうぞ、宜しくお願い致します。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 書き手
    柴田愛李菜
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る