UM Design Association

東京デザイナー学院

「デザインの間口を拡げる日」 開催

2014年7月26日(土)、UM Design Association による、グラフィックデザインをメインとした作品解説会、UM担当講師と劇団キ・カンパニーの御二方をお迎えしたトークセッションを行いました。開催にあたり、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

実践を軸にした、リアルな人とのコミュケーションを交えたプロジェクトの数々。その解説を行い、意見を交わし、お互いを高めます。間口をグイグイと拡げている場には、学生だけでなく、OB・OG、実際のクライアントの方も! 中にはプレゼンテーションの進め方に対し、厳しい指摘もいただきました。すべて、ありがたい意見。今後に生かします。

後半は劇団キ・カンパニーとのトークセッション。デザイン・演劇、各々の視点からみた、表現・笑い・日常について話しました。
「デザインに対し、真摯に向き合うデザイナーの姿をみて、自分(クライアント)自身がよりしっかりとデザインを意識しなければならないと感じた。」(望月幸太郎さん)
「なにをするのも自由。もし、これじゃないな…と感じたら別の道に進めばいい。それに気づいたこと自体に意味がある。無駄なことは一つもないんです。」(飯窪圭司さん)

日頃デザインに接する者通し、デザインの「先は明るい」…と、少しでも感じていただけたのではないでしょうか。関わったすべての “人” へ、ありがとうございました。今後もグラフィックデザイン科・業界が活性されるような企画を、提案・実行していければと存じます。何卒、よろしくお願いいたします。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 場所
    御茶ノ水・水道橋・神保町(東京都千代田区)
  • 書き手
    永井弘人(担当講師)
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る