UM Design Association

東京デザイナー学院

水泳連盟「東久留米市水泳連盟 名刺」

こんにちは、郡司 章(ぐんじ あきら)です。2015年7月18日(土)にUM design associationで今までの活動の発表をするプレゼンテーション『デザインで会話する。』を行ないました。

当日は、僕がかねてより制作を進めていた「東久留米市水泳連盟名刺」の制作の中で気付いた事、知った事を中心にお話をさせていただきました。「デザインって作るだけじゃない」という部分を争点に、プレゼンテーション後来場の皆様にご意見を頂戴したり「いや、私はデザインってこうだと思います」といった踏み込んだ所までお話を伺う事ができました。

この名刺制作のなかで僕が最も困難としたのは制作そのものよりも(もちろん制作も一筋縄ではいきませんでしたが!)、「コミニュケーション」や「言葉の伝え方」等でした。相手がどんな人か?本当に求めているものはなにか?どうやったら引き出せるか?等々、作る以上に大切な事、「人としての能力」に気付かされました。

そしてこの『デザインで会話する。』で僕がとても「面白い!」と感じたのはプレゼンテーション後の意見交換があったこと。TEDtalks等のプレゼンテーション番組ではプレゼンテーターが語っておわりですが『デザインで会話する。』は意見交換はもちろん「こういう話も聞きたかったなぁ!」などリアルな来場者の声が聞けてとてもタメになりました。

ただ『デザインで会話する。』で来場者の皆様を楽しませられるかどうか、というのもデザインのひとつだと考え取り組んだプレゼンテーションだったのですか果たして自分は皆を楽しませることができたのか…少し気がかりです。

今回のプレゼンテーションでの経験を活かし、今後の活動に繋げていけたらと思います。まだまだ自分自身人としてもデザイナーとしても未熟ですが、これからより一層力を付けていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します!

ページの先頭へ戻る