UM Design Association

東京デザイナー学院

演劇公演「THE LAST STAGE」告知ツール

2015年7月18日(土)の『デザインで会話する。』にて青山耕平様が企画する演劇『THE LAST STAGE』でのフライヤー、チケットの制作や過程に対してのプレゼンをさせて頂きました。

青山耕平企画『THE LAST STAGE』フライヤー制作過去記事はこちらになります。今回記事内容とご一緒に楽しんで頂けたらと思います。→青山耕平企画 「THE LAST STAGE」 フライヤー

今回、スポットをより当てさせて頂いたのは『THE LAST STAGE』での制作、青山様とのやりとりを通して感じた【デザインに関しての管理能力】【クライアントの要望の汲み取り方】【学生とデザイナーの違い】という部分です。フライヤー、チケットの全体的ポップさと渋さ、青山様が伝えたい雰囲気にたどり着くまでの経験や感じたこと、考えたことを実制作物と共にお話をさせて頂きました。

プレゼン後、プロの方々から「手段が目的になってしまったときの気付きについて、自分も考えることがあったりはっとしたりする部分がありました」「クライアントとの出会い、やり取りについてとても良いクライアントに出会えたのだと思いました。早いうちからこのような壁とあたることが出来たのは、とてもすばらしい経験だと思います」等のコメントを頂きました。内容としては作品ではなく、個人の経験に関してスポットを当てたものだったので、プロの方々の今まで歩んできた道を今現在自分は歩んでいるのだとしみじみ実感致しました。改めて今回の制作に関わらせて頂いたこと、プレゼンさせて頂いたこと、様々なお言葉を頂けたことを心より嬉しく思います。

今回の『デザインで会話する。』でプレゼンさせて頂きました『THE LAST STAGE』でのご縁、経験や、たくさんの方々のコメントが有り難く、また今回のイベントの軸である『対人・実践』の強みを感じました。まだまだ、これから精進していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る