UM Design Association

東京デザイナー学院

信州プレミアム「筍つまみ」 パッケージリデザイン

前回に引き続き、信州プレミアムブランド、パッケージリデザインの草案紹介です。こちらの商品は、細く切り分けた筍を塩漬けにし、醤油ベースの調味料で煮込んだものです。筍つまみは、生坂村の人々の手によって栽培・加工されている商品です。そのため、「竹林環境」というコンセプトを背景に、自分の家で採れた筍を近所にお裾分けする、というイメージでデザインしました。
段ボール紙と新聞紙の包装は、そのような親しみの感じを表現したものです。また、商品に巻かれている新聞は地域新聞を模していますが、実は、そこには筍つまみの説明が記事として書かれています。

「地域で大切に作られた商品と生産者の思いを伝える」。今回はそのようなことを強く意識したパッケージのデザインとなりました。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    MADE IN 信州株式会社 代表取締役 佐藤 一 様
  • 場所
    長野県長野市大門町57−2 信州プレミアム
  • 書き手
    酒本 悟史
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る