UM Design Association

東京デザイナー学院

山形バイクチーム「JUNK STORY」チームシンボル・メンバーズカード

2013年春に結成され、山形・秋田を拠点に活動中のバイクチーム。平均年齢22歳、メンバーの職業もバイク嗜好もバラバラという、とても個性的でエネルギッシュなチームです。

「ガラクタのようなちっぽけな自分たちでも紡げるストーリーがある」という想いから命名された「JUNK STORY」。彼らのまっすぐな意思を表現するため、『切り開き、突き進む』というコンセプトの元、制作をさせていただきました。

東京〜山形間(約400km)という距離間での制作となり、スムーズな進行が難しいこともありましたが、未熟な自分にとってはたいへん貴重な経験となりました。このシンボルが、彼らがひたむきに前進していくその背中を少しでも押してくれればと思います。

JUNK STORY 公式サイト http://junk-story.jimdo.com/

ページの先頭へ戻る