UM Design Association

東京デザイナー学院

「巣鴨駅前商店街」 トートバッグ

この度、巣鴨駅前商店街振興組合様のご依頼で、トートバッグを制作させていただきました。コンセプトは、「巣鴨駅前商店街のあたたかみと一体感」です。巣鴨にあるお店をピクトグラムで表し、画像1つ目のデザインのトートでは、白山通りを一続きの「虹」で表現。画像2つ目のデザインのトートでは、ピクトグラムたちが「巣鴨の心」であるハートを形成しています。また、ピクトグラムは折り紙をモチーフにしており、人の手が加わっている(機械作業ではない)という意味が込められています。

最後の写真は、完成したトートバッグの使用風景を、巣鴨に撮影しに行ったときのものです。通行人の方にご協力していただきました。自分の制作した商品が、実際に使われる様子を体感できたので非常に嬉しく思っています。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    巣鴨駅前商店街振興組合
  • 場所
    東京都豊島区巣鴨
  • 書き手
    酒本 悟史
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る