UM Design Association

東京デザイナー学院

無限の可能性を、遊べる未来の本に。未来の本「P x BOOK」

 

ph_180120_lee_pbook_02ph_180120_lee_pbook_03

ph_180120_lee_pbook_04

こんにちは、李雨珊です。
私は、本が好きです。紙が好きです。

近年デジタル媒体が爆発に発展し、紙媒体の立場がどんどん弱くなってしまい、そうしたら10年後の世界はどうなるでしょう。少なくても、私は本や紙が消えるのを見たくないで。そのため10年後の”新媒体”を提案させていただきます。

紙なのにデジタル的な操作ができる、という新媒体ー「P x BOOK」 (Play x BOOK)

ph_180120_lee_pbook_01

“P x BOOK” は「ハートカバー」と「ストーリー紙」で構成され、ストーリー紙をハートカバーにセットすれば、インストールされたデータは起動できます。1つのハートカバーに5つのストーリー紙がセットできます。つまり、1つのハートカバーがあれば、同時に5冊の本を持ち運びできます!ハートカバーはスマホケースのように、好きなものが選べます。

ph_180120_lee_pbook_05

今回は「幕末人物伝ー坂本龍馬」とテーマしたストーリーで P x BOOK の操作を説明しましょう。
ではこちらのDEMO動画をご覧ください。

スマホゲームのように遊ぶながら本の知識が得られるのはまさに P x BOOK の特長です。
デジタルが盛んでいる現代だからこそ、紙のあたたかい手触りと本から知識を得た感動を忘れないで欲しいです。本を読まない人、本を読まなくなった人、 P x BOOK で読書の楽しさを見つかれば幸いです。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • 書き手
    李雨珊
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る