UM Design Association

東京デザイナー学院

信州プレミアム「きなこ玉」 パッケージリデザイン_B

UMでは、信州プレミアムの商品パッケージのリデザインをいくつか請け負っています。その中で今回は「きなこ玉」のリデザイン案の一つを紹介します。その中で私はイラストを担当しました。現在、このデザイン案は信州プレミアム内で商品化のため調整中です。

今回はリデザインで使われたイラストについて説明したいと思います。 この「きなこ玉」パッケージリデザインのテーマは「雪解け」でした。きなこ玉のとろけるような味わいと信州の雪をモチーフにテーマを想定しました。 シンプルな形状の飴なので似せることが難しく、どう表現した物か悩みました。凹凸を入れたり模様を入れてみたりしましたが、結局一筆で輪郭を描く言い切りの良さが、雪のような白さの表現にぴったりだと行き着きました。

また「雪解け」がテーマということで、きなこ玉の餡が雪の結晶に見えるようにイラストを描きました。たぶん誰も気にしてなかったと思います。笑

雪をそのまま食べるかのような感覚を上手く受け取ってもらったら、と思います。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    MADE IN 信州株式会社 代表取締役 佐藤 一 様
  • 場所
    長野県長野市大門町57−2 信州プレミアム
  • 書き手
    平山 晴隆
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る