UM Design Association

東京デザイナー学院

作詞家さん「本橋さん」名刺

こんにちは。
最近暑い日が多く、今のうちにアイスを買いだめしておこうと考えている内田彩花です。

わたしは今回、友達のいとこさんで、作詞家として活動している方の名刺を作りました。
このプロジェクトを通して、気がついたことがあります。

まず、気がついた点で良かったことは、クライアントさんと信頼を築いたことで、その後の話し合いがスムーズになったことです。友達のいとこさんの名刺作りということで、当初、面識がなかったこともあり、とても不安でした。しかし、1回目の打ち合わせの前にクライアントさんと食事をさせていただいたので、打ち解けることができ、最初の打ち合わせをうまく進めることができました。少しくだけていた方が本音で意見をもらえると思うので、クライアントさんの信頼を築くことが大切だと思いました。
特にためになったのは、『既存の名刺で似ているデザインのものはありますか?』という質問をした時です。言葉だけでなく、視覚的に情報を共有することで、意思の疎通がとりやすくなりとてもやりやすかったです。

今後改善していきたい点は、スケジュール管理をしっかりしていくということです。他の授業の課題との兼ね合いがとれず、プロジェクトの進行をスムーズにできない時がありました。これからは、しっかりと余裕をもって行動できるように心がけていきたいです。

今後、これらの経験を生かして、よりよいデザインを作れるように頑張っていきたいと思います!

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    作詞家(本橋さん)
  • 場所
    東京
  • 書き手
    ウチダ
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る