UM Design Association

東京デザイナー学院

信州プレミアム「きなこ玉」 パッケージリデザイン_A

 

この商品は信州プレミアムという長野県の特産品を集めたブランドの中の「きな粉玉」という商品のパッケージのリデザインの草案です。こちらの商品はきな粉と黒蜜を現地の方々が大切に練り上げて作るので、コンセプトは“練り上げからの解放”となっております。

永井さんの授業内容ではコンセプトを一言にまとめ、より相手(クライアント様)に分かりやすいものにしております。私としてもこういった実践を通してより多くのモノを吸収していきたいな、と思っています。

きなこだまを練り上げる様をイメージした模様と、重箱をモチーフとしたパッケージを合わせ、懐かしさ・親しみを感じ、それに加えて大事に作り大切に食べるお菓子であることを表現した案でした。商品化につながるのは雪解けをイメージした推奨案の方になるそうですがそちらも含め、私たちのデザインで信州プレミアムという商品が、また、それに伴って信州という地域が発展していく事がとても楽しみであります!お話を頂いたMADE IN 信州株式会社様にもとても感謝しております。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    MADE IN 信州株式会社 代表取締役 佐藤 一 様
  • 場所
    長野県長野市大門町57−2 信州プレミアム
  • 書き手
    久保井 啓汰
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る