UM Design Association

東京デザイナー学院

飲食店「手打ちそば清水屋」メニュー表

こんにちは!年末ぶりですね。お洒落になった801教室にどうも馴染めない後藤です。

UMの醍醐味とも言える外部クライアントとの実践的プロジェト。2年生としての課題の始まりは、このプロジェクトで、私はアルバイト先の『手打ちそば清水屋』さんのメニューリデザインを行いました。

清水屋さんは、業種の変化はありながらも、商店街の中で地域と深く関わりながら約70年続く歴史のあるお店です。現在は、和菓子の製造・販売に加えて、3代目を継いだ娘さんが手打ちそばを始められました。歴史はあるものの、お店を連想させるようなブランド感、統一イメージがない、ということで、今回は長い目で考えたときに、清水屋のブランドデザインとなるようなものを意識して取り組みました。

コンセプトは「会いに行きたくなる場所」。清水屋だからこそ行きたい、と思ってもらい、来た人が、元気になるような場所でありたいという願いから、このコンセプトを設定しました。

プロジェクト進行の流れとしては、まず、ヒアリングを行ってコンセプトを確定し、色や雰囲気の方向性をイメージ画像を一緒に見ながら決めていきました。そこから、私の方で10案ほどデザイン案を提示、2案にしぼってもらったあと、それぞれのブラッシュアップを提示、1案に絞って、書体や色味、記載内容の細かい調整を行って、完成でした。

プロジェクトを終えて、反省点、今後の改善点として次の2点を考えました。

まず、1点目は、資料等の提示をより丁寧に行って、なるべく完成形に近いところでお互いのイメージをすり合わせていくべきだということです。今回、資料収集が甘く、雰囲気的には方向性が見えたけれど、メニューとしてのイメージはあまり共有できなかったという感覚があります。作るものにより近い資料を収集し、イメージ共有していくことが、お互いにとっていいデザインを作る近道だと感じました。

2点目は、相手の立場に立ったバリエーションの提示が必要だということです。今回、初回デザイン提案では10案を提示したことで、比較・選択しやすく、また沢山の案を見られたことで喜んでいただくことができました。しかし、後半、書体や色味など細かい部分の調整に入った際は、もっと細かく色の違いや書体の違いを提示して、比較していただけたと思います。細かい違いであるからこそ、実際に見てみなければ検討が難しいところは多々あるので、そうした部分に配慮した資料提示ができるようになりたいです。

クライアントワークは、学ぶことが一段と多いです。普通の課題であれば基本的には自分にとっていいデザインを作ることを考えてやればいいですが、「クライアント」という存在があることで、自分ではなく相手にとっていいデザインとは何かを深く考え、またそれを提案する、伝える、という段階も踏んでいきます。上手く伝わらないこと、汲み取れないこと、食い違うこと……難しい点は沢山ありますが、こうして経験を積ませていただけることが本当に有難く、勉強になりました。「デザイナーになる。」というのは、ずっともっとこういう感じで、だから普段の課題も自分のことだけでなく、相手のことを想像しながらやれるように意識したいと思いました。引き続き、クライアントワークは行っていきます。学んだことを次にしっかり活かして、身につけていきたいと思います。

最後になりますが、こうした機会を与えてくださって清水屋さんに、心から感謝したいと思います。本当にありがとうございました!!

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    手打ちそば 清水屋
  • 場所
    東京都 杉並区 堀ノ内
  • 書き手
    後藤 裕子
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る

楽しく勉強に取り組めるノート「JOYPIP」

文房具屋さんを見つけて商品をみていたら、気がつくと1時間経っていた、なんてことがたくさんあります。そんな私にとって、お気に入りの文房具は心強い相棒です。文字を描くなら、絶対にこのペンじゃないとダメだ、というこだわりがあります。UM最後の制作は、自分の大好きな文房具の分野で戦ってみたいと思い、ノートを作ることに決めました。

9才〜10才にかけて、学力や運動能力や好みの差が生まれる、「9才(もしくは10才)の壁」というものがあるそうです。そんな9〜10才の子供達に向けて、持っているだけで自信となるようなノートを制作しました。小学生にとって一番身近な道具である文房具は、基本的に親から買い与えられます。そうではなく、「このノートを使って勉強したい」と子供が親を説得するような、そんなノートになっていれば、と思います。

ページの先頭へ戻る

障がい者と地域をデザインでつなぐ活動「to me.」冊子

10年後、私は障がい者と地域をデザインで繋ぐ「架け橋となるデザイナー」になりたいと思っています。そのため、今できることはなにか…なにが足りないのか…と考えた時、「なぜ障がい者と健常者の間に壁があるのか」という疑問をもちました。

人は自分と違うものに苦手意識を持ちます。それは障がい者に対してだけでなく、健常者の間でもあります。ファッション、メイク、行動、趣味…様々なもので区別し、人は無意識のうちに自分と似ている人とグループを作ります。

しかし、これは、相手のことを知ろうとすれば、簡単に打破している現象だと私は気付きました。「あれ、この子こんな子だったっけ?」とあまり話さなかった友人に思ったことはありませんか。話すことで気づくことはたくさんあると思うのです。ですから、私は障がい者がもっと、快適に過ごしていける環境を作るには、まずは「知ってもらうこと」から始めるべきだと思いました。

この冊子はその取り組みの第一歩です。「知ってもらうにはどうるべきか」20歳の私が現在思っていること、考えていること、これからやっていきたいこと…それを10年後の自分に伝えるために制作しました。忘れてしまうのはもったいない現在の考えを、将来に繋げる一冊となっています。これを10年後見て、今の志を思い出し、夢を再確認できたら…と思っています。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    伊藤 真幸
  • 場所
    御茶ノ水・水道橋・神保町(東京都千代田区)
  • 書き手
    伊藤 真幸
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る

大型スポーツ施設「時之栖スポーツセンター」リーフレット

こんにちは。長期休暇になると旅行欲が高まる伊藤真幸(イトウマユキ)です。お久しぶりです。

2016年7月23日(土)に、UM主催のプレゼンテーション「極! デザイナーになる。」を開催致しました。お越し頂いたOB・OGの皆様、1年生や先生方、誠にありがとうございました。当日、私はプロジェクトA「時之栖スポーツセンター」リーフレット作成時のヒアリングを経て学び、気づいたことを発表させて頂きました。今回はそちらのプレゼンテーション内容を踏まえながら、「極! デザイナーになる。」で気づいたことをまとめさせて頂きたいと思います。(時之栖スポーツセンター・リーフレット画像上記参照、時之栖スポーツセンターのHPはこちらからご覧ください。)

私が今回のプレゼンテーションで主題としたのが「ヒアリングの大切さ」です。デザインをしていく上で、クライアントが何を求めているのか…これを正確に見極めなければ、デザインのゴールを見定めることはできません。しかし、私は初めてのクライアントワークというのもあったが為に、クライアントの要望を上手に聞き出すことができませんでした。何回も何回もヒアリングを重ね、5回目でようやく、クライアントが望むものを聞き出すことができました。ヒアリングにおいて、クライアントが望む本質「なにを・誰に・どうやって伝えたいか」を見抜き、尚且つそこからデザイナーが「+1」の提案をすることが、とても重要だと気付くことができました。今回私は、5回ものヒアリングに時間を割き、クライアントとの目的確認・ゴールの選定に力を入れました。しかし、実際の仕事となると、5回ものクライアントの時間を割いてしまうのは大変ご迷惑なことです。なので、一刻も早く、「クライアントとの意思疎通を図ることができるヒアリング」を目指していくことが、今の私の一番の課題だと思いました。

また、今回のプレゼンテーションを終え、新しい発見をすることができました。プレゼンテーションとは、相手を飽きさせない「思いやり」が大切…ということです。その「思いやり」は、話し方や表情で雰囲気をつくることであったり、画像を多く使う=イメージをわかりやすく伝えることであったりと様々です。そんな小さなことで…と思うかもしれませんが、相手があってこそのプレゼンテーションですので、やはりヒアリングと同様、相手の本質(気持ち)を考えることが重要なのだと、「極! デザイナーになる。」で気付くことができました。

「極! デザイナーになる。」と共にプロジェクトA「時之栖スポーツセンター」とのクライアントワークにて、様々なことに気づき、学ぶことができました。これからもこの気付きを忘れず、自分がなりたい「笑顔を与えることができるデザイナー」を目指して、頑張っていきたいと思います。また、今回のイベントにて大変多くの感想やご意見も頂き、誠にありがとうございました。先輩方や1年生のご意見を糧にこれからも日々精進していきたいと思いますので、何卒、よろしくお願いいたします。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    時之栖スポーツセンター
  • 場所
    静岡県
  • 書き手
    伊藤 真幸
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る

学生デザイナー アウトドア系「STEP」 フリーペーパー_02

2015年を通じて制作してきました、フリーペーパー「STEP」。(前記事 “学生デザイナー アウトドア系「STEP」 フリーペーパー_01” はこちらです)

UM Design Association の広報活動の一つとしてUMメンバー内で企画、取材、制作、入稿までを一貫して行いました。普段の制作と違い、クライアントが自分たち自身でしたので、素材もなければ名前も決まっていない更地の状態からひとつのものを作り上げるというまた一味違った苦労がありました。学校を閉め出されるまで案を出し合ったり、炎天下のなか取材や撮影に回ったり、深夜まで連絡を取り合い制作を進めていました。

ターゲットを学内の学生に向けて発刊しており、未熟ながらも着実に上へ進めるようにという意味を込めてタイトルを「STEP」と名付けました。PC内で作業を完結しがちな学生に向けて、手や頭を使う前にまず足を使おうそんな意味も込めてあります。実際制作サイドの人間も東奔西走していたので、まずは自分たちから実践ができたのではないでしょうか。

またSTEPを完成させるに当たって協力してくれたUMのメンバーだけではなく、UM外部の方々にもたくさんの協力をして頂けました。彼らの協力なしにここまで作り上げるのは不可能だっと確信しています。ありがとうございました。

  • ディレクション・デザイン
    UM Design Association
  • クライアント
    UM Design Association
  • 書き手
    佐藤 高光
  • カテゴリ

ページの先頭へ戻る